カテゴリー「車 オートバイ」の記事

2017/09/09

ホンダC105復活計画その19

箱の側面に取っ手の穴を開けようかな〜っと
思いましたが、転がっている鉄で作ってみました。
先ずは丸棒をベンダーで曲げて、取っ手の部分を作ります。
Dsc_3512_2

次に鋼板を15㎝ほどに切ってベースにします。
丸棒を差し込んで動く部分はナットの穴を広げて
溶接です。
Dsc_3513

Dsc_3515
(汚い溶接ですが)

ちょっと磨いてビスで止めて出来上がり。
走っている時に、ガタガタ動くのは良くないので
取って部分の動きは少しきつめにしています。
Dsc_3542

Dsc_3539

Dsc_3540


|

2017/08/24

ホンダC105復活計画その18

荷台に箱でも付けようと思って
木箱作りです。
先ずは、板で荷台に合う大きさの箱を作ります。
底の板は荷台にボルトどめするので
少し厚めの合板にしました。
Dsc_3463

ただの箱じゃつまらないので、四隅に
コーナー金具を付けたいと思います。
スチール棚の補強用の金物がいくつかあったので
それを切って、曲げてこんなのを8個作って
コーナーに取り付けます。
Dsc_3458

Dsc_3461

Dsc_3461_2

オイルステインを塗って、コーナー金具を取り付けて
底に取り付けボルト用の穴を開けて出来上がり。
Dsc_3497

Dsc_3498

こんな感じです。
Dsc_3508

側面に持ち手の穴を開けたほうが
雰囲気出るかな〜


|

2017/08/17

ホンダC105復活計画その17

一応乗れるようになったC105.
掃除やタイヤ交換などをしていて気付いたのが
スタンドを掛けても、リアタイヤが地面に接地してる事。
地面との接地部分が削れて、薄くなってました。
錆もあって穴ぼこが開いてます。
Dsc_3473

Dsc_3476

ワイヤーブラシとサンダーでごしごしやったら
薄くなっていた部分が折れてしまいました。
なので、5㎜ほどの鉄板を小さく切って溶接して
底上げです。
Dsc_3479

Dsc_3480

Dsc_3485

これでリアタイヤは、2㎝ほど地面から浮きました。
Dsc_3489

「古いカブはセンタースタンドでしょう」と言う人がいますが
便利なのでサイドスタンドも付けてみました。
Dsc_3486


|

2017/07/08

ホンダC105復活計画その16

ついに完成!
一応乗れるようになりました。
いろいろ気になる所はあります。
あまりオリジナルにはこだわっていませんが
シートくらいはカブの物を付けたいですね。
Dsc_3384


Dsc_3387


Dsc_3385
あとは走ってどんな感じかですね。
ちょっと白煙も気になるけど
古いからこんなもんでしょうか。

|

2017/06/12

ホンダC105復活計画その15

最後は、日々動かすのに最低限のメンテ
タンクの錆落しです。
タンクの中にボルト、ナットをいくつか入れて
ガラガラ揺すります。
錆も大きい物は無かったので
粉状の錆が小さじ1杯ほど出てきました。
洗剤で洗って、錆取り材をお湯で割って
満タンに入れたら、1日浸けておきました。
Dsc_3313

外は錆が目立ちますが、中はほとんど錆もなくなりました。
あとは乾かしてセットしてホースを繋いだら一応できあがりでしょうか。
Dsc_3315


|

2017/06/10

ホンダC105復活計画その14

ポイントのカバーがありません。
オークションでもあまり出ていないので
とりあえず作りましょう。
いつものごとく、オートスタッフ末広さんに
http://as-suehiro.a.la9.jp
アドバイスをいただいて製作。
大まかに丸く切った小さなアルミの板(末広さんからの頂き物)を
加工します。
うちには旋盤が無いので、アルミ板の中心に穴を開け
ボール盤にセット。
Dsc_3305

Dsc_3307
ぐるぐる回してヤスリでま〜るくします。

Dsc_3309
左右に穴を開けて、ボール盤にセットする為に開けた穴は
そこいらにあったボルト、ナットで塞ぎます。
真っ平らな面が出ていなそうなので、水が入らないように
ガスケットを切って間に挟みました。

Dsc_3311

Dsc_3312
そのうち部品が手に入ったら交換しましょう。

|

2017/05/17

ホンダC105復活計画その13

バックミラーを付けたいんだけど
昔のカブはねじ込むタイプじゃなくて
貫通させてナット止め。
なのでねじの部分が4センチくらいないと
バックミラーが付きません。
なので簡単にアルミ板を削って、ジョイントみたいなのを作ります。
大まかにサンダーで削って形を作ります。
Dsc_3232

Dsc_3233

角度を確認して、ねじ切りします。
Dsc_3234

ヤスリとペーパーで一生懸命磨いて出来上がり。
Dsc_3236

Dsc_3237

シートとバックミラーが付いてバイクらしくなりました。
Dsc_3239

Dsc_3241


|

2017/05/05

ホンダC105復活計画その12

シートはカブのが無いので
うちにあったモンキー用を
とりあえず付ける事にしました。
Dsc_3216

モンキーは固定ですが
カブはヒンジでハンドル側に開くようになっているので
元のシートステーを外して、カブのタンクに付いている
ヒンジをボルト止めします。
Dsc_3214

Dsc_3218

どうにか合体成功。
後はシート後部裏側にゴム脚なんかを付けて
高さ調整をすれば出来上がりです。
Dsc_3222

Dsc_3220

Dsc_3224
シートとタンクの隙間とモンキーのZの文字が
イマイチでしょうか。
文字は染めQか何かで黒くした方がいいような。

|

2017/05/01

ホンダC105復活計画その11

裂けていたタイヤも頂き物のタイヤに履き替えて
スポイトで直接キャブにガソリン入れて
走ってみました。
Dsc_3068

Dsc_3208

Dsc_3205

Dsc_3202
お店の駐車場ですけど良い感じで走りました。

アイドリングがなかなか落ち着かないと思ったら
無理に付けたキャブのスロットルワイヤーが
フレームに当たっていてワイヤーの戻りが悪いようです。
Dsc_3188

Dsc_3203

マニホールドを作って少しキャブの位置を
曲げないといけなそうです。

|

2017/04/25

ホンダC105復活計画その10

タイヤ回ってます。
各ギア吹け上がりますが
アイドリングがイマイチ。
走ってみないと分かりませんが
パワーフィルターを付けたので
ジェット類も変えないといかないかもしれません。
Dsc_3194
シートがありませんが、タイヤを取り替えて
走らせてみましょう。


|